FC2ブログ
2016/07/01

冒険者シエルの気ままな冒険記 その1 イメチェンしました

Oblivion 2016-04-09 02-57「いきなりですが、褐色肌になりました。後、星座影から毒蛇座になりました」

 設定的には、実はハイエルフとレッドガードのハーフだったんじゃよ、って設定が賦与されたことになります。星座は設定上のミスです。最初から毒蛇のはずだったのよ。
 さらにメジャースキルを変えて、魔法より錬金術メインにしてみようと思います。

「……弓と防御がマイナーなせいで、迂闊に戦うとスタミナガン減りで死ぬじゃないですか。あと、スキルがトレーニングやスキルブックを使わないと成長しないMODまで入れられたんですが」

 5レベル侍祭とかでも使ってるんだけどね。トレーニングで育てていいのよ。

「……今はまだ入ってないけど、そのうちマジカ回復阻害をアビリティでいれるって言ってませんでしたっけ?」

 その方が錬金術楽しめるからね!

「ひっど!?」



Oblivion 2016-06-28 03-50「と、そういう目にあったのよ。どうしよう、このくそ難易度」
「う~ん。せめてコンパニオンがいれば、楽になるのかねえ?」


Oblivion 2016-06-28 03-52「なら、いい奴がいるぜ」


Oblivion 2016-06-28 03-54「あ。このブログでは溢れるリビドーのシュッツガルドさん」
「リビドーじゃねえ! パトスだ!」
「……何が違うの……?」
「リビドーは性的衝動! パトスは熱情的な心・情動! 俺のパトスは日々爆弾の作成に注がれているんだよ!」
「……でも、割とオープンスケベだよね?」


Oblivion 2016-06-28 03-57「そ、そんなことはどうでもよくてだな……。丁度今、コンパニオンにできそうな奴がいるから紹介するぜ」
「うちはステラや! よろしゅうな!」


Oblivion 2016-06-28 03-58_1「……そっか……シュッツガルドさん、おっぱい星人だと思ってたけど……ロリも行ける口だったんだ……」
「ロリコンじゃねーよ! ロリコンだったらコンパニオンにしないで手ぇ出しとるわ!」
「でも、ロリっ子にそんなはしたない格好させてるし」
「これはこいつが勝手にやってるだけだ! 俺の趣味じゃねえ!」
「だって火の傍って熱いんやもん。ちなみに、うちこれでも15やで?」
「……この世界、ミニマム成人多いよね……」
「管理人が基本ロリコンやからなあ……」


Oblivion 2016-06-28 03-59「ちなみに、うちは管理人が鍛冶屋MODをやりたくって作った鍛冶師キャラや。ちゅーてもうまく起動しなくってお蔵入りになったんやけどな」
「その時のRPの関係で、俺の弟子になった、ってオチでな。せっかくだからうちの子Lifeに入れてあるってわけさ」
「へ~。だから修理も頼めるんだ。どこに連れ歩いても頼めるなら、いいかも」


Oblivion 2016-06-28 04-02「ちなみに戦闘では、師匠にもらったこの鎧と、父ちゃんから受け継いだハンマーで戦う前衛や。これでも結構な腕なんやで!」
「嘘付け2レベルだろうが」
「師匠! ばらさんといてーな!」


Oblivion 2016-06-28 04-08_3「「って、女の子になんて格好させてんのあんたは!!」」
「ぐぼあああああああああ!! い、いや、眩しい女が修業時代に使ってた実体化魔法鎧が余ってたんであげただけで、この見た目は管理人チョイス……




Oblivion 2016-06-28 19-36「まあ、ステラちゃん、よろしくね」
「よろしゅうな、ええと……シエル姉ちゃん、でいいか」
「それでいいよ~」
「ちなみに、うちが褐色肌なのは、鍛冶やってるせいで焼けたせいやで」
「……裸でも日焼け痕が……」
「それは言わんといて!」


Oblivion 2016-06-28 19-49「「それじゃあ、おやすみ~」」


1-10000「さ、出発しようか」
「どこ行くん? と言うか、このシリーズって結局何やるん?」
「今のところは、錬金術ネタをメインにできるだけVanillaでも使えるネタとかそういうのを紹介していこう、って感じね。クエストとかは基本スルーで」
「ふ~ん。じゃあ、まずは錬金用の道具を手に入れんとなんやな。当然、MODでゲットは無しなんやろ?」
「もちろん。赤輪街道レッドリングロード北部にある宿屋の北に、死霊術師のダンジョンがあるから、そこで手に入れようかな、と」


1-20000「とりあえず、この亜麻の花を見かけたら、摘めるだけ摘んでおいた方がいいわね」
「まあ、錬金術やるなら、基本知識やね」


1-30000「おや、商人さんとスタップさんが会話してる」
「ちゃんとお仕事せなあかんでー」


1-40000「ふーん、ゴブリンねえ」
「……ここ、ほんとにゴブリンダンジョンの近くやで」
「へ?」


1-50000「「マジでゴブリンが出たー!」」


1-60000「うっわ、けっこー数がいる! さすがMMM!」


1-70000「とりあえずスケさんを囮にしてる間に……OCSSのエンチャント!」


1-80000「そして2対1でボコる!」
「戦いの基本やな! ところで錬金術どこ行ったん?」
「まだ準備できてないのに使えるか!」


1-90000「さっきのスタップさんが活躍して、楽に終わったみたいね」
「大きにな~」
「気にすることはない市民よ。これが私の役割だからな。……しかし、子供とはいえその恰好はどうかと思うぞ」
「そんなにおかしいかなあ?」
「羞恥心を持ちなさい」


1-100000「MMM追加の素材、ゴブリンの心臓と目玉は錬金術には非常に優良素材なので、お勧め!」
「目玉は毒に、心臓は回復薬に活躍するんやね」


1-110000「とりあえず、装備修理しt「あ、戦士ギルド員じゃないとだめなんよ」……何……だと……?」
「ギルドの規約にそう書いてあってなあ。ごめんなぁ」
「じゃあギルド入るしかないじゃんよ~!」

 結局、チェイディンハルに行くことになった。


1-120000 関係ないけど、デイドラ鎧は基本これなのねw


1-130000「あ。MPCとうちの子Lifeの人だ」
「MPCの方はギルドマスターのお妾さんやっけ?」
「いや、そんな話私知らないわよ……ギルドまだ入ってないし」
「有名な話やで。一介の農民が傭兵になって武勲積み重ねてコロヴィア公爵になったって。で、お妾さんがたくさんいて今も募集中だとか。うちも目ぇ掛けられんかなあ」
「妾だけに」
「うっさいわ!」


1-140000「esp構造が変わったせいでスクルドさんの装備が変わってるので、帝都まで護衛に連れて行くことにしました」


1-150000「そして青藍街道ブルーロードを行く私。なんかスタップさんと山賊が戦ったみたいね~」


1-160000「で、その荷物を漁ったんだけど……私の毛皮鎧にこれって似合うと思わない?」


1-170000「おっと敵発見。先制しておこうっと」


1-180000「ゆ、弓引いたり走るだけでスタミナが減って……戦えない……」

 MODのせいもあって、かなりつらいですw


1-190000「MMMなんか嫌いだー!」

 動画組の強さがよくわかる。こういう連中相手に割と真っ向からやりあってるんだもんね。……低レベル時は入れてなかった辛さってのもあるんだけど。
 ちなみに3回死んだ。


1-200000「よ、ようやくチェイディンハルについた……!」
「主にスクルドはんの攻撃魔法のおかげやね。武器と盾持ってないけど」
「えへんぷい」


1-210000「無事に戦士ギルドに入会! でもクエストはやらぬ!」
「ギルドマスターに会いに行ったりはせんの?」
「妾大量募集の成り上がり公爵様とか、妾になったら一生ウハウハで暮らせそうだけど……今はいいや」


1-220000「ま、ちゅーわけで姉ちゃんの装備、修理したるわ。お金は取るけどな」
「私修理5レベルだから、確実にどこでも直してもらえるだけありがたいわ」


1-230000「ついでに魔術師ギルドにも行っておこっか!」


1-240000「こっちも入会完了! 大学には行かないけどね!」
「MODで構呪も付呪もできるしなぁ」
「そういう反則禁止! 市販魔法と錬金術でフォローするのよ!」


1-250000「そして錬金道具は貰っていく私であった」
「ええんかい」
「合法だもの。ちなみにコンテナの方がリスポンするし、見た目も変わらないからおすすめよ」


1-260000 で、転送装置を借りてアンヴィルに飛んだのは、スキルトレーナーで錬金術を伸ばそうと思ったからです。

「って、1600セプイティムって何よ!?」

 価格が5倍になってるんですよねー。あとトレーニング回数無限のはずなんだけど、別のMODが干渉してるっぽいので後で直しておきます。ちなみに5倍なのはレベル固定の時だけ。

「何その苦行!?」

 1レベル5回だとレベル上げられないじゃないですか、MOD的に。同じMODだからどうにもならぬ。


1-2700001-2800001-290000
 とりあえず、錬金術を33に上げて、アロエを摘みました。これで体力回復薬の重量を固定できます。
 錬金術において、使用素材の平均が重量になるのは有名な話。vanillaだとレベルがすぐ上がっちゃうからあんまり意味がないけど、レベル(厳密には薬の効果)が変わらないなら最初に軽い薬を作ると、重い素材を使っても軽い薬ができます。逆にすると目も当てられないので気を付けて!


1-300000
 多分、MMMだと思うのですが、狼や犬の肉は、第一効果第二効果でシールド兼体力回復薬が作れます。重いけど。確か、全く同じ効果の素材だったと思うので、錬金術のレベル上がった時は気を付けて。


1-3100001-3200001-330000
 とりあえず、体力毒とマジカ回復あたりは鉄板でしょうか。スタミナ毒は地味ですが、特に難易度高いと非常に使えます。他の要素が多いので滅多に使わんのですが。


1-340000
「今回作った薬はこの程度。次回からはこのあたりを起点に、いろいろ低レベルから作れる薬のおすすめとかをやっていきたいな~」


補足
・褐色肌になりました:
 土曜日だから褐色肌を貼る、と言うTwitterタグネタのせいw

・毒蛇のはずだった:
 宿星座には、それぞれ担当月と言うものがあります。別に誕生日と言うわけではないのですが、うちでは誕生日にしてるんですよ。
 で、毒蛇座だけは担当月が無い特殊な星座で、最も祝福され、同時に呪われている、と言われています。この特殊な設定が欲しくって毒蛇座にした……つもりが、勘違いで影座にしてたと言う。ちなみに影座は5月。シエルの誕生日8月やがな。
 

・弓と防御がマイナー:
 一方で錬金術はメジャーと言ういじめ。せめてもの情けで軽装と剣撃はメジャーですよ。


・成長しないMOD:
 1レベル戦士でオブリビオン参照。

・ステラ:
 劇中で言ったとおりの経歴の子。元々クエストをやるのが好きなプレイヤーなので、やることないキャラはあんまり使わないという……w うちの子Lifeを覚えたのは、彼らを無駄にしないという点でよかったですよ。たまに初期配置位置から動かないキャラいるけどw
 ちなみに、シエルはハイエルフとレッドガードのハーフで、ステラは一応純ウッドエルフ。血縁は全くないんだけど、褐色同士ってことで褐色シスターズを結成させてみた。

・ミニマム成人:
 エルフだから……と言いつつ、十分な歳になってもロリっ子のままになるのは管理人の趣味。

・2レベル:
 シエルも2レベルなんですが、別に連動はしてない。そのうち成長させるかも。

・日焼け痕:
 日焼けテクスチャを管理人が知らないのと、ステラだけに反映できるかってのと、キャラによって日焼けの仕方が違うので、そこを拘りたくなってしまう、と言う三重苦で探す気にもならないw

・結局何やるん?:
 錬金術は、詳しい人はがっつり知ってるだろうし、PC版はもう面倒だからMODで購入とかしてるかもしれませんが。一気にスタミナ薬達人になるまで作って回復ポーションだけ作って使いまくってるかもしれませんが。
 専門でやっても、結構楽しいと思うのですよ。と、いうわけで、素材分布とか調べつつ紹介するテスト。

・亜麻の花:
 ちょっとググるだけですぐに必須素材だとわかるアイテム。マジカ回復阻害つけられたら、特にそうなりまする。

・OCSSのエンチャント:
 必殺技の一つ。炎・冷気・雷のいずれかを武器に付与する。序盤から使える導管魔法とかとはまた別の魔法剣。元々シエルはこっち使いだった。錬金術と併用していく予定。

・戦士ギルド員じゃないとだめ:
 鍛冶屋が戦士ギルドファクションに入っているだと、そうなる模様。

・結局:
 移動時間返せw

・うちの子Lifeの人:
 全選手入場に出てきた、男キャラ少ないから増やそう、と言う理由だけで作られたにゃんこ。ただし、スカイリムカジートのRM体型対応のテクスチャが入ったので、結構お気に入り。
 一応一党メンバー。ランクは低いけど。一党のオークの兄貴同様、真っ向から忍ばず突込み対象を殺すことに快感を得ているタイプ。結構、それでもあのギルドクリアできますよ。
 ブルーマとチェイディンハルを往復するルーチンです。

・ギルドマスター:
 動画・脳筋戦士シリーズ参照のこと。「一介の農民が傭兵になって武勲だけでコロヴィア公爵になった」は全くの事実だが、動画だけ見てるとそんな偉業を達成したようには見えないと思うんだぜ……w
 女好きでハーレム募集中なのも事実だが、立場上選べる立場だし選ばないといけない立場でもあるため、誰彼かまわずナンパしていたころと違い、寄ってくる女全て、と言うわけでもない。打算目当てでも気に入ればありではあるが。
 ちなみに口説いたら責任はちゃんととるし、きちんとハーレム入りするまで手は出さない、と言う縛りがかかっている模様。

・装備が変わってる:
 装備MODマージした関係なんですが、武器と盾を失っていたという。でもスクルドって100レベルのクルセイダーだったような……。

・弓引いたり走るだけで:
 早く錬金術を活用したい……! スタミナ回復訳が欲しい……!

・MMMなんか嫌い:
 MMMは数の暴力なので、低レベルのころほどひどい目に遭います。コンパニオン、とまでは言わないものの、序盤は召喚に任せつつ逃げまわらざるを得ない環境になるかもしれませんね。

・クエストはやらぬ:
 もう動画とかでやりまくったわ!w

・スキルトレーナー:
 アンヴィルギルドの錬金担当が初級トレーナー。達人トレーナーを求めるなら、ブラヴィルギルドのアルダリンが接触しやすいかな。ちなみにシンデリオンさんなんですがね。
 とはいえ、錬金術は育てやすいので、普通はトレーニングのお世話にはならないでしょう。

・錬金術を33:
 前の記事を書いた段階で2レベルに上がっていたのですが、今回の“イメチェン”でスキル構成変えた結果、32スタートと相成りましたとさ。

・いろいろ低レベルから作れる薬:
 初心者で作れる薬一覧の紹介は、後日と言うことで。










スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント